ポニーのブログ ダイエット成功体験・方法・食事 美容健康・美肌効果 四コマ漫画など 男性から女性まで、少しでも参考に楽しんで頂けるような内容を発信中です

ブロッコリーの効果効能!ダイエット・美容健康・美肌に効果的!

 

どうも!ポニーです。

アブラナ科アブラナ属の緑黄色野菜で、花を食用とするキャベツの一種が、イタリアで品種改良され現在の姿になったとされています。

健康やダイエットに適している食材であり、特に美容美肌に関しては嬉しい栄養素も豊富に含まれております。

色んな野菜がありますが、ブロッコリーに秘められた効能もたくさんのものを持っております。

今日は、そんなブロッコリーの紹介をさせていただきます。

 

この記事でわかること
◆気になる栄養成分含有量
◆ダイエットに関わる働き
◆美容健康への効能
◆お肌の健康維持や美肌効果
◆質のよいブロッコリーの選び方

 

 

内臓脂肪蓄積を抑制


ブロッコリーには、ダイエットに嬉しいさまざまな効果も期待ができそうです。

成分名量/100g
ビタミンB10.14㎎
ビタミンB20.20㎎

ブロッコリーにはクロム(脂肪燃焼・動脈硬化予防)というミネラルが豊富に含まれており、三大栄養素(タンパク質・脂質・糖質)の代謝をサポートしてくれます。

そして、三大栄養素を脂肪に変えない為にも、ブロッコリーに含まれているビタミンB群が大きな働きかけをしてくれます。

ビタミンB群によって、脂質糖質を分解燃焼しダイエットに嬉しい手助けをしてくれます。

 

ミネラルの一種クロム

クロムは、血糖を調節するホルモンであるインスリンの作用を強める働きで、体内にかかわる代謝にかかわっています。

また、血糖以外でも、血液中の脂質の調節にサポートし働きかけてくれます。

体内にかかわる代謝
・炭水化物代謝
・結合組織代謝
・たんぱく質代謝
・コレステロール代謝
クロムを摂取すると様々な効果を得ることができますが、不足によっても身体を崩す可能性もありますので、シッカリ摂りたいです。
ポニーちゃん
不足によって考えられる症状は?
不足によって考えられる症状は、末梢神経障害・昏迷・角膜障害・体重減少・糖尿病などが考えられます。
ポニー君
逆に摂りすぎも気になるよね!

過剰症の心配は低いですが、サプリメントに関しては、各商品によっての摂取目安量を守らなければ過剰症の心配がある可能性もありますので、適量を守っての摂取をしてください。

 

美容健康・美肌効果


ブロッコリーに含まれる、「ビタミンC」「βカロテン」「ビタミンK」「スルフォラファン」によって、美容健康の効果が期待できます。

成分名量/100g
ビタミンC120㎎
ビタミンK160㎍
βカロテン810㎍

まず、注目したいのがビタミンC、含有量も豊富なことから美容美肌に対する効果も大きく考えられます。

お肌のトラブルとなるシミなどの原因、メラニンの生成を抑制したりコラーゲン生成の手助けをしてくれます。

他にも、抗酸化作用が期待される、βカロテン・スルフォラファンとビタミンCで、アンチエイジング効果としても働きかけてくれます。

ブロッコリーを一株の約半分の量で、十分なビタミンCを摂取できますので、果物や他の糖質の高い食べ物でビタミンCを摂取するよりもブロッコリーの方がメリットが高くなります。

 

健康的な効果をみても、ビタミンKによって、血液凝固作用や歯や骨のカルシウムが溶け出すのを防ぐ働きがあります。

また、βカロテン・スルフォラファンによる抗酸化作用で、活性酸素の増加を抑制・免疫向上などに期待できます。

 

ポニー君
スルフォラファンってあまり聞かない成分だね!?

<スルフォラファン>

ブロッコリーに微量に含まれている成分で、抗酸化作用と体内に取り込まれた発癌物質を排出する解毒作用と増殖を抑える働きがあります。

 

むくみ防止効果


ブロッコリ―に含まれるカリウム(むくみ防止)のミネラルが効果あります。

成分名量/100g
カリウム360㎎

むくみの原因はいくつかありますが、中でも体内に塩分を摂取すると浸透圧のバランスが保たれず、体内に水分が溜まりむくんでしまいます。

カリウムの摂取によって余分な塩分排出効果があり、むくみを改善してくれる働きもあります。

痩せた後にむくんでいない体を実感できる成分が含まれています。

 

整腸作用効果


ブロッコリーに含まれている「食物繊維」は、非常に豊富な量を含んでおり整腸作用効果に手助けしてくれます。

成分量量/100g
水溶性食物繊維0.7g
不溶性食物繊維3.7g
食物繊維 総量4.4g

便秘に有効なのは食物繊維ですが、ブロッコリーは不溶性食物繊維が豊富となり、腸を刺激したり便をかさ上げする効果が上げられます。

不溶性食物繊維は水に溶けにくく水分吸収し、腸を刺激したり腸のぜん動運動効果があるため、食べすぎや水分補給をシッカリ摂ることを注意して下さい。

摂取量目安として1/3程度と水分補給を忘れず毎日摂取することで、便秘改善効果も高くなってきます。

 

食事のタイミング


食前に摂り入れることを進めます。

空腹時は摂取するものの吸収率が高いために、食事のスタートは野菜から摂取すると言われませんか。

ブロッコリーも同様に摂取することで満腹感も得られ、さらに低カロリーの低糖質な栄養素の高い食事をスタートできます。

 

ポニーちゃん
食事のスタートはやっぱ野菜からだね!
何でも準備が必要で、お腹も食べる準備が必要ってことだ~!

 

摂取量・カロリー・ブロッコリー選び方


【摂取量目安】

一株が約300g~400g程。目安は100g程度を毎日摂取

スーパーなどのわりと大きいサイズで390g程でした

 

【カロリ目安】

・(生)33kcal/100g

・(茹)27kcal/100g

 

【ブロッコリー選び方】

スーパーなどで売られているブロッコリー、色んな大きさや形に色がありますが、どんなものがいいのでしょう。

ここを注意して選ぶ
・葉が枯れたりしおれていない
・中心が盛り上がっている
・緑色が濃く色鮮やか
・茎切り口が変色していない
・房に隙間なく芽詰まった状態
・つぼみが小さく粒がそろってる

特に、つぼみ部分が開こうとしていたり枯れてるものは、栄養が少なくなってしまい本来得ることの出来る効果が得られなくなってしまいます。

上記項目を参考にして頂きながら選んでみましょう。

 

まとめ


野菜は栄養素が高いイメージですが、ブロッコリーに含まれる成分が美容健康・ダイエットに効果が高いことがわかりました。

ですが、どんな食材でも食べ過ぎは逆に身体を悪くさせてしまう事もありますので、摂取量は注意して下さい。

ブロッコリーは私も夕食時に食べますが、焼くよりも茹でた状態でノンオイルドレッシングや、ササミや他の野菜(ほうれん草)などオリーブオイル・ごま油・塩コショウなどで味を調えて調理するのもおすすめです。

是非、おすすめしますので試してみてください。

 

ブロッコリーの他に、アブラナ科関連の食品記事はこちらになります。
関連記事:白菜の効果効能!バランスのとれた栄養と嬉しい低カロリー!
関連記事:キャベツが美容健康によい理由とダイエットにも最適な効果効能!

 

あくまでも、個人によって効果の現れ方や変化は様々になります。参考にして頂けたらと思います。