ポニーのブログ ダイエット成功体験・方法・食事 美容健康・美肌効果 四コマ漫画など 男性から女性まで、少しでも参考に楽しんで頂けるような内容を発信中です

スイカの効果効能!熱中症予防・ダイエット・美容健康にも効果的!

どうも!ポニーです。

暑い季節がやってきました。

こんな季節はスイカが美味しく食べれますよね。

スイカは、果実を食用にするために栽培されるウリ科のつる性一年草で、果実は園芸分野では果菜(野菜)とされております。

青果市場での取り扱いや、栄養学上の分類などでは果実的野菜に分類されております。

スイカを美味しく食べながら様々な効果を得ることができるのはご存知ですか?

 

ポニーちゃん
スイカって水分は多そうだけど栄養効果あるのかな~???
ポニー君
栄養効果もあるし夏には食べておきたいスイカだよ~!
どんな効果を得れるのか説明してくね~!

 

この記事でわかること
◆スイカの主な成分含有量
◆ダイエットに効果的な理由
◆美容健康への働きについて
◆お肌の健康を保つ効能
◆熱中症予防にスイカがいい訳
◆スイカの種類別、栄養効果
◆食べるタイミングや摂取目安量
◆スイカを食べる注意点

 

 

なぜスイカがいいのか?

スイカは水分が多く想像以上に栄養が含まれております。

低カロリーと水分が豊富なことから、夏の暑い時季におこる熱中症予防やダイエット・美容健康・美肌への効果と、意外にも栄養効果が高く期待されています。

(可食部100gあたり)

成分含有量
エネルギー37㎉
水分89.6g
炭水化物9.5g
カリウム120㎎
βカロテン830㎍
βカロテン総量830㎍
ビタミンC10㎎

他にも、アミノ酸の一種でシトルリンや赤い果肉に含まれるリコピンなどの効果も得ることができ、ダイエット・アンチエイジングに役立つ効能をもっております。

 

ダイエット効果

スイカは約90%が水分、カロリーも37kcal/100gと低く、豊富な水分があり補給することによってお腹が膨らみ満腹感を得ることから、食事による量を軽減することが可能です。

 

ポニー君
ただし糖質が少し高めなので、食べ過ぎは注意しないといけないね!
適量を守り食べ過ぎ注意だよ!

 

スイカにはミネラルの一種で「カリウム」とアミノ酸の一種で「シトルリン」によってもダイエットのサポート役になってくれます。

この後の説明にもありますが、カリウムによってむくみを緩和させスッキリした身体作りと、シトルリンによって酸素の運びを進め血行促進効果によって血流循環が向上します。

また、赤い果肉に含まれる「リコピン」によって血流改善されますが、血流をよくすることで代謝も向上し肥満予防にもいいとされております。

 

有酸素運動などを組み合わせて摂取することで効率的に効果を得ることができるでしょう。

 

ポニーちゃん
色んなダイエット効果に繋がるんだね。
でもやっぱり適度な運動はした方がよさそうだね~!

 

むくみ・血流改善

ミネラルの一種で「カリウム」がスイカに含まれております。

ダイエット中や疲れが溜まった夕方、もしくは前日にお酒を飲み過ぎて翌日にむくんでしまう経験はありませんか?

そんな症状をカリウムによって手助けしてくれます。

 

利尿作用が高いカリウムは、食事で摂った余分な水分やナトリウムを体外に排出し改善サポートをしてくれます。

ポニー君
利尿作用が高いことから熱も排出し熱中症予防にも繋がるんだよ!

 

また、カリウムは老廃物も排除し血流の改善効果も期待されております。

 

美容健康・美肌

スイカは美容健康・美肌効果も高く評価され、スイカに含まれる「βーカロテン」に注目したいです。

<βカロテンのこんな所に注目>

βカロテンは体内で必要な分だけ「ビタミンA」に変わりβーカロテン・ビタミンAと両方の効果を発揮してくれます。

ビタミンAによって、皮膚や粘膜を正常に保つ働きで皮膚の新陳代謝を高める効果から乾燥肌やニキビ予防対策と、細菌感染予防から風邪や口内炎予防に期待されます。

 

変換されなかった「βーカロテン」と「リコピン」がアンチエイジング効果も持っております。

特に多くのリコピンを含むスイカはトマトをはるかに超える豊富な量をもっています。

 

強い抗酸化作用の働きで美肌に影響するシミ・ソバカス防止・老化や細胞の癌予防や生活習慣病の原因でもある活性酸素の増加を抑制する効果へと働きかけてくれます。

ポニーちゃん
トマトにもあったけどやっぱリコピンのアンチエイジング効果はスゴイな~!

関連記事:トマトの効果効能!ダイエット・美容健康・美肌になれる秘密と摂取方法!

 

熱中症予防

暑い夏の季節に起こりがちな熱中症ですが、スイカを摂ることで予防効果を発揮してくれます。

 

スイカは約90%が水分となり、多種多様な栄養成分も含まれることから、十分な水分補給に加え栄養効果を得ることができます。

熱中症になりやすい季節にはおすすめの食べ物なのです。

効果的な熱中症予防の果物
◆メロン
◆キウイフルーツ
◆バナナ
◆レモン
なども効果的

 

ポニーちゃん
バナナやレモンやキウイはお財布にも優しいから毎日摂って予防していきたいね!

 

スイカの皮も摂ろう

スイカを食べると皮を捨てることも多くあると思いますが、皮の部分に豊富な栄養が含まれているので、全て食べてしまう事をおすすめします。

 

シトルリン・リコピン・ビタミンA・ビタミンCとダイエット・健康・アンチエイジング効果がたくさんありますので捨ててしまうのはもったいないです。

ここに注目
表面の皮は丁寧に薄く剥いて他の料理と一緒に調理したり、スムージーやフルーツジュースにすると簡単に摂ることもできます。

 

ポニーちゃん
今まで捨ててたよ...料理やスムージーで摂っちゃえば、更に栄養を摂れて後のゴミ処理も楽ちんだね!

 

赤いスイカと黄色いスイカ

スイカには赤いスイカと黄色いスイカがありますが、主に栄養成分の違いとなります。

<赤い果肉のスイカ>

赤い果肉のスイカには赤い色素成分でカロテノイド色素の一種「リコピン」が含まれておりますが、黄色い果肉のスイカには含まれておりません。

~リコピンの特徴~
・肥満予防
・血流改善
・美肌効果
・目の健康維持
・抗酸化作用

<黄色い果肉のスイカ>

黄色い果肉のスイカにはリコピンが含まれておりませんが、代りに黄色の色素である「キサントフィル」が含まれております。

~キサントフィルの特徴~
・脂肪燃焼効果
・抗肥満作用
・目の健康維持
・抗酸化作用

ダイエットに絡む部分をみると燃焼効果のあるキサントフィルも気になりますし、美容効果をみるとリコピンなど目的に合わせて食べてみてはいかがですか。

 

スイカの食べるタイミングや摂取目安量

スイカの食べるタイミングなどは、ダイエット目的とその他と、個人のスタイルで摂って頂ければよいでしょう。

<ダイエット目的なら夕食置き換え>

3食で一番摂取カロリーの高そうな夕食を、スイカに置き換えて摂ることで1食分の総カロリーを軽減することができます。
他の2食は栄養をシッカリ摂って食べるようにしましょう。
スイカのカロリーも低い為に多少多めに食べても影響は少なく済みます。

特にBMAL1時計遺伝子で、夜遅くの食事は太るので食べる時間のタイミングを考慮するといいでしょう。

関連記事:「BMAL1を気にしてますか?夜遅くの食事は太る!

<その他の食べるタイミング>

夕食の置き換え以外に朝食・昼食でも大丈夫です。
個人の状況やスタイルに合わせて、食べて頂ければ大丈夫です。

摂取目安量は、300~400g/日を目安とされております。

※スイカの注意点①でもあるように、栄養バランスは他の食事で整えることを注意してください。

 

スイカの注意点

①スイカを3食置き換えしての方法で実践すると痩せるのも早いですが、身体に栄養の偏りが発生し身体を壊す可能性とリバウンドの可能性が高くなります。他の食事で栄養をシッカリ摂ることも、必ず注意してください。

②カロリーは低いものの糖質は含んでおりますので、食べ過ぎによる糖尿のリスクなどは注意して適量を守ってください。

③血流改善効果もありますが、水分が多いスイカは身体を冷やしてしまいますので、冷え性で悩んでいる方は常温などで摂ることをおすすめします。

④スイカは大量に水分を含んでいるため、食前に摂ることで胃の消化液を薄めてしまい食べ物の消化吸収に影響が出ることや、食べ過ぎによる腹痛など体を壊す可能性もありますので、一日の摂取量を考慮して進めることをおすすめします。

 

最後に

スイカの効果効能も想像以上の栄養効果でした。

これからの時季は特にスイカが美味しい季節でもあり、夏バテ防止に美味しく頂きながら健康・キレイ・スリムを得ることができるなら是非とも食べて夏を過ごしたいですね。

 

他にも、ウリ科関連の食品記事を紹介しております。
関連記事:かぼちゃは栄養万能!美容と健康によい効果効能!
関連記事:ゴーヤの効果!栄養価・効能が豊富!夏バテ解消効果も期待
関連記事:ズッキーニの効果効能!5つの効果と選び方、注意点!
関連記事:きゅうりに栄養はあるのか?その効果効能とは!

 

あくまでも、個人によって効果の現れ方や変化は様々になります。参考にして頂けたらと思います。