ポニーのブログ 身体に必要とされる食品の栄養価やその働き 美容健康・美肌・ダイエット 男性から女性まで、少しでも参考にして頂けるような内容を発信中です。

大根の由来や効果効能!どんな形の大根がいいのか?

どうも!ポニーです。

ダイエットや健康のために摂取する「食」、と言えば沢山あります。

大根に含まれている成分・栄養素がすごくいいのですがご存知ですか?

大根でももちろん産地もあれば種類もありますが、選ぶ大根の種類によっても変わってきます。

 

ポニーちゃん
色んな種類のものがあるんだね~!
大根も奥が深そうだね~!!!
ポニー君
せっかくだから大根の由来や種類、あと大事なのがスーパーなどで選び方、選び方で栄養効果も変化しちゃうからね!
そこらへんも説明するね~!

 

 

大根の由来

大根はアブラナ科ダイコン属の越年草で野菜として栽培されており、肥大した根の部分を食にしたり種子から油などもとる事があるそうです。

紀元前2200年の古代エジプトで、ハツカダイコンに近い種類がピラミッド建設労働者に食料とし最古の栽培記録になっています。

名前の由来は、大きい根の部分から大根と名前が付いたそうです。歴史の深い食材です。

大根の種類

・春ちから大根(肌のテリやツヤ効果)
・与作大根(家庭菜園に有名ですね)
・青首大根(浅漬、サラダ、おろし生食~加熱まで良)
・守口大根(名古屋土産「守口漬」に使用されてます)
・三浦大根(神奈川の在来種、煮物・おでん向き)
・聖護院大根(京都名産、大きなかぶのような大根)

などなど形や種類が沢山あって紹介出来ないほどですね。

 

ただ、スーパーで販売している大根を見るとみんな同じに見えてしまう。

聖護院大根は、大きなかぶのような形なので京都の方は詳しいかもですね。

各地域によって大根の種類も変化しているので、所々で食べ比べてみるのも楽しみの一つになるのではありませんか。

 

大根の選び方

スーパーに行ったとき、大根並んでるとどれを選ぼうか悩みますよね。

形かな~?太い方が沢山食べれそうだし、細いと成長しきってないイメージもあります。

表面は白くてキレイな、そして先端に向かってまっすぐな形のもで、太すぎない細すぎない状態の形。大根ってポツポツと穴があいてますが、その穴が等間隔で空いてるものがよいとされています。

大根は、葉もついてますが葉にも注目された方がよいです。葉っぱが黄色系に変色していたりしなっているものは鮮度が落ちるので他を選ぶことをおすすめします。

大根の効果1

大根には、消化酵素ダイエットに効くものがたくさん含まれています。

消化酵素のアミラーゼ、脂肪分解酵素リパーゼが消化の効果があり、アミラーゼがでんぷんを分解する酵素なので消化効果などから胃もたれ等を改善してくれます。

酵素がダイエット効果に繋がる話はよく聞きますが、その酵素が消化機能を助け代謝向上になります。

 

そして、辛み成分「イソチオシアネート」が、代謝がアップする事で太りにくい体質と運動効果アップにも繋がっていく流れです。

大根は、皆さんも食べたことがあると思いますが辛さがあります。

その辛さ成分で「イソチオシアネート」「メチルチオ」「ブテニル」が野菜種の中では大根だけに含まれており、がん効果にもあるとされてます。

 

他に、二日酔いの解消効果も挙げられており、私も試した事はありますが改善するというよりも和らぐイメージです。

大根の皮の部分にビタミンCが含まれており、美肌効果・肝臓の働きを助けてくれます。

その他、貧血・骨粗鬆症の改善や皮膚・粘膜を強くしウイルスからの抵抗力もアップ。これによって胃腸内環境も強化されます。

大根の効果2

大根の効果を最大限に生かし摂取する事で効果抜群です。

大根の効果1でもあったように、「イソチオシアネート」はそのままの大根に含まれているのではなく大根おろし状態にしたり切ったりした時に発生する成分とされています。

調理方法を大根おろしにして食べると辛みが増しますが、その辛みが増すほど「イソチオシアネート」が作られ効果があるとされています。

特に葉の方よりも根っこが効果最大なのでおすすめします。

加熱調理よりも大根は生状態の方が前の記事でもありますが、「大根おろし」がやはり効果大のようです。

その際は、おろしてから20分以内に食べないと栄養素が時間が経過すると共に減少し、本来得られる効果がなくなってしまうので食べる直前を狙って調理する事にしてください。

注意点

生の大根を食べるのはよいのですが、生は身体を冷やす性質があり胃下垂や血行不良、代謝低下にもつながるので肉や魚など温かいものと一緒に食べるようにしてください。

効果を沢山出したいからと1食1本をおろして食べるのは避けて下さい。食べ過ぎることで身体やお腹を悪くする可能性もあります。

最後に

大根の効果はおそろしく沢山の効果をもたらしてくれます。

実際に私も週に4回程は食べるようにしております。

生の状態がよいので「大根おろし」「大根サラダ」で食べる事が大半です。

身体の変化や胃腸内環境の変化や体質も変化しているのは、自身でも実感はあります。

別の記事で、大根に関する詳しい記事も紹介しております。

関連記事

どうも!ポニーです。大根は、アブラナ科ダイコン属の越年草で、野菜として広く栽培されております。「大根おろしに医者いらず」と言われるほど万能な野菜で、健康に関与した優れものの野菜にはなりますが、他にも美容やダイエットにも関与し[…]

あくまでも個人によって効果の現れ方や変化は様々だと思いますので、参考までにして頂ければと思います。